Month: 10月 2015

GR-S-77 OPEN COLLAR CHECK SHIRTS

Posted by – 2015年10月28日

+++++++ 10/29〜 <発売>  +++++++

GR-S-77 OPEN COLLAR CHECK SHIRTS
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
クラシカルな平面的なカッティングを採用しながらも、

現代の服としての落としどころを探ったオールドスクールなシャツ。

極力表に出るステッチを排除して、生地の素材感を前に出した。

襟とポケットプラップには、同色のAMFステッチを施し、ハンドメイド感を加えた。

メインシェルには、微起毛を施したコットンネルを採用。

柔らかくやさしい肌触り。

ヨーク裏には、キュプラ生地を合わせ、着心地に配慮した。

色合いがよく派手になりすぎないウインドウチェックとゆとりあるシルエットがマッチして、

アダルトなカジュアルシャツとなった。

GR-S-74 NO COLLAR SHIRTS <DENIM>

Posted by – 2015年10月23日

+++++++ 10/25〜 <発売>  +++++++

GR-S-74 NO COLLAR SHIRTS <DENIM>
1
2
3
4
5
17
6
7
8
9
10
18
11
12
13
14
15
16
リラックスした雰囲気漂う、ノーカラーシャツ。

シンプルな構成ながら、ディティールとパーツバランスでGERUGAらしくまとめ上げた。

寝かせて配置された台襟がリラックス感を助長。

身幅に適度なゆとりを持たせた。

エイジングされた塗装メタル釦が、質感にコントラストを与えている。

採用した素材は、Leeウエスタンシャツをモチーフに製作されたセルヴィッチカラーデニム。

タテ糸番手を上げ、力織機で織り上げることにより、自然なムラ感ある風合いに

仕上がった。

GR-AP-01 WORK APRON <CHAMBRAY>

Posted by – 2015年10月23日

+++++++ 10/25〜 <発売>  +++++++

GR-AP-01 WORK APRON <CHAMBRAY>
1
2
3
4
5
ヨークシャツとセットアップとしてデザインされた膝上丈のワークエプロン。

胸のスラッシュポケット、パッチポケット、スナップホック付き大型ポケット、

機能性を重視しつつ、シンプルにまとめあげた。

シャツとのセットアップで埃にまみれてほしい。

採用した素材は、8オンスのインディゴシャンブレー。

ジンバブエ綿を使い高密度に織り上げている。

耐久性に優れ、洗いこんでいくごとに風合いが増していく特徴がある。

GR-AP-02 WORK APRON <HICKORY>

Posted by – 2015年10月23日

+++++++ 10/25〜 <発売>  +++++++

GR-AP-02 WORK APRON <HICKORY>
1
2
3
4
5
ヨークシャツとセットアップとしてデザインされた膝上丈のワークエプロン。

胸のスラッシュポケット、パッチポケット、スナップホック付き大型ポケット、

機能性を重視しつつ、シンプルにまとめあげた。

シャツとのセットアップで埃にまみれてほしい。

インディゴ染めした経糸を使用したヒッコリー生地。

旧式力織機で時間をかけて織り上げた拘りのセルヴィッチヒッコリー。

インディゴシャンブレー同様に経年変化が楽しみな一着。

GR-S-75 YOKE SHIRTS <CHAMBRAY>

Posted by – 2015年10月20日

+++++++ 10/21〜 <発売>  +++++++

GR-S-75 YOKE SHIRTS <CHAMBRAY>
1
2
3
4
111
5
6
7
サーマルやスエットやシャツの上に羽織れるゆとりをもたせた、ライトアウターシャツ。

ショルダーヨーク、トリプルステッチを主軸においたデザイン構成。

フロント・バックショルダーのヨークは大胆なカーブを描き2枚重ね仕様で、

主要箇所はほぼトリプルステッチの巻き縫いで縫製、強度とデザイン性を担う。

ヨークパーツは補強され厚みが出た分、

菊穴ステッチを多用しベンチレーションとしての通気性を考慮した作りとなっている。

カバーオールに見られるカフスディティールを採用、肘裏には補強布をパッチワークした。

2種類の糸番手を適材適所に振り分け、運針数も使い分け、全体像に奥行きを与えた。

採用した素材は、8オンスのインディゴシャンブレー。

ジンバブエ綿を使い高密度に織り上げている。

耐久性に優れ、洗いこんでいくごとに風合いが増していく特徴がある。

同生地で、ワークエプロンも展開。

ぜひ、セットアップで。

GR-S-78 YOKE SHIRTS <HICORY>

Posted by – 2015年10月20日

+++++++ 10/21〜 <発売>  +++++++

GR-S-78 YOKE SHIRTS <HICORY>
1
2
3
4
222
5
6
7
サーマルやスエットやシャツの上に羽織れるゆとりをもたせた、ライトアウターシャツ。

ショルダーヨーク、トリプルステッチを主軸においたデザイン構成。

フロント・バックショルダーのヨークは大胆なカーブを描き2枚重ね仕様で、

主要箇所はほぼトリプルステッチの巻き縫いで縫製、強度とデザイン性を担う。

ヨークパーツは補強され厚みが出た分、

菊穴ステッチを多用しベンチレーションとしての通気性を考慮した作りとなっている。

カバーオールに見られるカフスディティールを採用、肘裏には補強布をパッチワークした。

2種類の糸番手を適材適所に振り分け、運針数も使い分け、全体像に奥行きを与えた。

インディゴ染めした経糸を使用したヒッコリー生地。

旧式力織機で時間をかけて織り上げた拘りのセルヴィッチヒッコリー。

インディゴシャンブレー同様に経年変化が楽しみな一着。

同生地で、ワークエプロンも展開。

ぜひ、セットアップで。

JAZZ-TAMORI

Posted by – 2015年10月16日

DSC03494
齊藤 豊

「死を想え」 MEMENTO MORI

Posted by – 2015年10月16日

俺らが迎える死は純粋な死なのか?

それとも支配の中でつくられた死なのか?
5

GR-PT-15 PRINT T-S <MEMENT MORI>

Posted by – 2015年10月14日

+++++++ 10/10〜 <発売>  +++++++

GR-PT-15 PRINT T-S <MEMENT MORI>
1
2
3
4
5
6
7
8
耐久性と清涼性のバランス良い、26/-コットン天竺によるシンプルなTシャツ。

今回は、新しい試みとしてパステル系のペパーミントとイエロー、

微妙な色味にこだわったブルーとレッドの展開。

製品反応染めにより、表情に深みを出している。

染み込みプリントにて、『MEMENT MORI』

「死を想え」

2 0 1 5 – A・W N E W – C O L L E C T I O N

Posted by – 2015年10月13日

コレクションページ、更新しました。

GERUGA新作コレクション
1
2
3
19
47
4
5