Month: 6月 2015

GR-P-60 CARGO HARF PANTS 補足画像

Posted by – 2015年6月29日

DSC02168
DAs1
右カーゴポケットの中に、ウォレットサイズのポケットを配置。

ウォレットをポケットに入れる日常にも配慮した。

syrup16g 「冷たい掌」

Posted by – 2015年6月27日

再始動から1年、新曲 「冷たい掌」

kentaro

GR-P-60 CARGO HARF PANTS <COLOR CHINO>

Posted by – 2015年6月26日

+++++++ 6/27〜 <発売>  +++++++

GR-P-60 CARGO HARF PANTS <COLOR CHINO>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
ミリタリーカーゴパンツをハーフパンツとしてアレンジ。

ポケットはカーゴポケット以外を廃止し、カーゴポケットの存在感を

押し出すデザインとして、パーツバランスを再構築。

右カーゴポケットの中に、ウォレットサイズのポケットを配置。

ウォレットをポケットに入れる日常にも配慮した。

ウエスト部分に、ミリタリーモンキーパンツにもみられるサスペンダーと取り付けるためのハトメを配置。

ベルトループは、極細8mmタイプを配置。

フロントは、ボタンフライ仕様(タックボタン)。

生地は、イエロー、ピンク、ライトブルーと、ポップで平和なチョイスで、

ミリタリーとは真逆の世界観を目指す。

メインシェルに採用したカラーチノは、スタンダードなものを採用。

ある意味実験的な、試みを込めたアイテムとなった。

THERE

Posted by – 2015年6月15日

THERE

ぼくの人生の登場人物で、重要な立場をしてくれている人。

照井利幸さん。

むかし、ケルト&コブラというブランドを一緒にやっていた。

ぼくは、照さんと呼ばせてもらっている。

照さんが、自分の作品を展開する場所として、shopをオープンさせた。

そのshopからは、今の照さんの心情が伝わってくる。

シンプルであたたかく嘘がない空間。

必要以上に飾るでもなく、宣伝するでもなく、

等身大の潔い本当の強さを感じる。

モノを売る場所という雰囲気は薄く、照さんの部屋に遊びに来ているような感覚を覚えた。

その居心地のよい空間での、照さんとの対話は、心地よかった。

ケルト&コブラ以来、久しぶりに照さんのデザインした洋服を観て、

懐かしさを感じつつ、言葉ではうまく綴れないものを感じゾクっとした。

「想いはモノに宿る」

すてきだ。

齊藤 豊
1
2

GR-C-39 BORDER TANK TOP <26/2>

Posted by – 2015年6月15日

+++++++ 6/17〜 <発売>  +++++++

GR-C-39 BORDER TANK TOP <26/2>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
双糸で編み上げた天竺ボーダータックトップ

BD糸(空紡糸)を使用することによってシャリ感のあるドライな風合いが特徴。

26/2の糸を使うことによりオールシーズン対応でき、耐久性にも優れている。

背中リブ下の裏に、スレキを当て布とを伸び止めとして配置。

脇位置を高めに設定し、タンクトップにありがちな皮膚の接触によるムレを軽減できる。

製品反応染めにより、表情に深みを出している。

GR-C-38 BORDER T-S <26/2>

Posted by – 2015年6月15日

+++++++ 6/17〜 <発売>  +++++++

GR-C-38 BORDER T-S <26/2>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
双糸で編み上げたワンポケット天竺ボーダーTシャツ

BD糸(空紡糸)を使用することによってシャリ感のあるドライな風合いが特徴。

26/2の糸を使うことによりオールシーズン対応でき、耐久性にも優れている。

製品反応染めにより、表情に深みを出している。

inspiration

Posted by – 2015年6月14日

柳美里 × 河合隼雄



齊藤 豊

GR-P-62A HOLIDAY HARF PANTS <INDIGO>

Posted by – 2015年6月7日

+++++++ 6/6〜 <発売>  +++++++

GR-P-62A HOLIDAY HARF PANTS <INDIGO-DENIM>
1
2
3
4
5
6
リラックスした雰囲気を押し出したホリデイパンツをハーフアレンジ。

ポケットは前後共にパッチタイプ。

ヒップポケットの脇部分はサイドシームに流しこんだ。

ドーナツタックボタンを魅せたボタンフライ仕様もイヤミなく調和。

ヒップ部分の裏側に別布を配置、表から等間隔ステッチで縫い合わせたディテールがユニーク。

ハーフパンツは生地面積は少ないので、フルレングスパンツよりは、

遊んだデザインを盛り込んでも、うるさくなりすぎないのがいい。

メインシェルとして採用したのは、ジンバブエ茶綿を使用した13ozセルヴィッチデニム。

耐久性、伸縮性に優れ、嫌みの無いナチュラルな質感が特徴。

イエローステッチとネイビーステッチを使い分け、配色をほどよく抑えた。

適材適所に、糸番手と運針数を使い分けて設定することにより、表情に奥行きを与えている。

GR-P-62B HOLIDAY HARF PANTS <ECRU>

Posted by – 2015年6月7日

+++++++ 6/6〜 <発売>  +++++++

GR-P-62B HOLIDAY HARF PANTS <ECRU-DENIM>
1
2
3
4
5
6
リラックスした雰囲気を押し出したホリデイパンツをハーフアレンジ。

ポケットは前後共にパッチタイプ。

ヒップポケットの脇部分はサイドシームに流しこんだ。

ドーナツタックボタンを魅せたボタンフライ仕様もイヤミなく調和。

ヒップ部分の裏側に別布を配置、表から等間隔ステッチで縫い合わせたディテールがユニーク。

ハーフパンツは生地面積は少ないので、フルレングスパンツよりは、

遊んだデザインを盛り込んでも、うるさくなりすぎないのがいい。

ライトオンスの生成デニムは、上質なジンバブエコットンよるセルヴィッチデニム。

緯糸を染めているので通常の生成デニムよりも深みのある色合い。

通耐久性、伸縮性に優れている。

金茶ステッチとホワイトステッチを使い分け、表情をコントロール。

適材適所に、糸番手と運針数を使い分けて設定することにより、表情に奥行きを与えている。

GR-P-63 HOLIDAY PANTS <HERRINBONE>

Posted by – 2015年6月5日

+++++++ 6/6〜 <発売>  +++++++

GR-P-63 HOLIDAY PANTS <HERRINBONE>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
リラックスした雰囲気を押し出したホリデイパンツ。

トラウザーから発展させたパターンで構築。裾は適度にテーパーさせたシルエット。

ポケットは前後共にパッチタイプ。ヒップポケットの脇部分はサイドシームに流しこんだ。

ドーナツタックボタンを魅せたボタンフライ仕様もイヤミなく調和。

少ない要素でシンプルな構成ながら、魅せるところと抜くところのバランスがうまくとれた存在感ある仕上がりとなった。

メインシェルには、40年代のミリタリー素材を元に製作したヘリンボンツイルを採用。

肌触りよく、適度なしなやかさと強度がある素材。

夏場、デニムパンツの代わりのフルレングスパンツとして、かかせないアイテムになるでしょう。