Month: 3月 2014

GR-J-49 PROTECT JKT

Posted by – 2014年3月30日

+++++++ 3/31〜 <発売>  +++++++

GR-J-49 PROTECT JKT
P1010724
P1010726
P1010728
P1020029_2
P1020027
2
ミリタリーのディティールだが、改めてテーラーとしての様式と、機能服との落としどころを探った一着。

背中にはインバーテッドプリーツを配して、運動量を確保した。

メインシェルとなるコットンツイルは、硫化の先染めで縦横糸の濃度を変えて、

旧式力織機で時間をかけて織り上げた拘りの無地ツイル。

生地の縮率特性とチェーンステッチの相性で、雰囲気のある収縮の陰影を生んでいる。

デニム同様に経年変化も楽しみな素材。

GR-JS-01 ALL IN ONE <12oz DENIM>

Posted by – 2014年3月30日

+++++++ 3/31〜 <発売>  +++++++

GR-JS-01 ALL IN ONE <12oz DENIM>
P1020164
P1020166
P1020168_2
IMG_6025-1
10
シンプルに、かつ大胆にデザインされた、GERUGA初となるツナギ。

スタンダードデニムライン同様、岡山倉敷のデニム工場による縫製で、パートにより運針数を使い分け、

繊細さと力強いステッチワークで、GERUGAらしいテイストにまとめあげた。

尻あてにコーデュロイ生地を配し、機能とルックスを助長させている。

メインシェルとしてのデニムは、

旧織機で丁寧に織られた12オンスセルヴィッチデニム。

60年代のペインターパンツをモチーフに再構築したデニム。

縦ブルーグレー ×横グレーの糸使いにより、深みのある表情となっている。

GR-JS-02 ALL IN ONE <C-HERRINGBONE>

Posted by – 2014年3月30日

+++++++ 3/31〜 <発売>  +++++++

GR-JS-02 ALL IN ONE <C-HERRINGBONE>
P1020179
P1020186
P1020181
f0180552_19361347
P1020177
f0180552_1916222
f0180552_1943163
f0180552_19421214
シンプルに、かつ大胆にデザインされた、GERUGA初となるツナギ。

スタンダードデニムライン同様、岡山倉敷のデニム工場による縫製で、パートにより運針数を使い分け、 

繊細さと力強いステッチワークで、GERUGAらしいテイストにまとめあげた。

尻あてに別生地を配し、機能とルックスを助長させている。

メインシェルは、上質なトルファン綿を使用したコットンヘリンボン。

トルファン綿特有の光沢感としなやかさのある素材を硫化染めした。

経年変化が楽しみな素材。

LEATHER WALLET

Posted by – 2014年3月26日

まだ再開のめどが立たっていませんが、時期がきたらまたやります。

DSC02470
DSC02479
DSC02497
齊藤 豊

椿

Posted by – 2014年3月25日

家の近くにある環七沿いの歩道の脇の植え込みに、目立たないようにしてツバキが咲いていた。

しょっちゅう渋滞する車列からの排ガスや、雨もたいして降っていない良いとは言えない環境の中での、この造形美。

多くを望まず、自分の役割を黙って淡々と務めている。

そうありたいけれど、煩悩が…

kentaro

K a w e h i

Posted by – 2014年3月22日

https://vimeo.com/iamkawehi

齊藤 豊

GR-J-54 COVER JKT <12oz DENIM>

Posted by – 2014年3月19日

+++++++ 3/20〜 <発売>  +++++++

GR-J-54 COVER JKT <12oz DENIM>
P1020031
P1010741
P1010744
P1010747
3
カバーオール、Gジャン、ジャケットからの融合。

ワークな雰囲気の中に細みの両玉縁ポケットなどを配することで、繊細さと力強さを表現。

デニム素材をチョイスしつつも、あえて荒々しい縫製が魅力のデニム工場では縫わず、

繊細な縫製を得意とする工場で縫うことにより、仕立てを際立たせた一着となった。

メインシェルとしてのデニムは、

旧織機で丁寧に織られた12オンスセルヴィッチデニム。

60年代のペインターパンツをモチーフに再構築したデニム。

縦ブルーグレー ×横グレーの糸使いにより、

深みのある表情となっている。

「だって人間だもの」なんて言ってらんないかもよ

Posted by – 2014年3月17日

愛想振りまいて好かれようとする心情。

本音から離れた愛想は、疑心暗鬼を生み、事を複雑にする。

時間は有限。

やりたいことが沢山ある。

愛想振りまいてる場合じゃない。

嫌われなければいい。

「愛があれば、誰もあなたを嫌わないだろう」

ぼくもそう思う。

齊藤豊 自戒を込めて

R nine T Custom Project

Posted by – 2014年3月15日

R nine T Custom Project

とても楽しみです。
mainimage01

齊藤 豊

GR-J-52 FREE NECK JKT <VINTAGE MOLESKIN>

Posted by – 2014年3月14日

+++++++ 3/15〜 <発売>  +++++++

GR-J-52 FREE NECK JKT <VINTAGE MOLESKIN>
P1020046
P1010930
P1010934
P1020057
P1010938
P1010942
3
2
前面はセットイン、後面はラグランで形成された軽やかなジャケット。

ヴィンテージ加工されたモールスキンを採用。

シンプルながら、ひねりの効いたディテールがバランスの妙。

外し気味に付けられたポケット、後裾のリブなどのディティールによって、

遊び心にあふれた一着となった。