Month: 9月 2013

GR-V-09 OUTER VEST <ALPACA BOA>

Posted by – 2013年9月26日

+++++++ 9/27 〜 <発売予定> +++++++

GR-V-09 OUTER VEST <ALPACA BOA>
DSC00114
DSC00121
P1000517
P1000521
P1010281
P1010283
P1010282
P1010284
P1010287
P1010285
P1010286
P1010098
P1010100
P1010102
DSC00112

裏地にアルパカボアを使用したアウターベスト。

メインシェルとなるモールスキンは、

壁撚り糸という特殊な糸を使い、普通のモールスキンには無い立体的な表面感となった。

これにともない、ジャングルクロスに匹敵する遮風性と防寒性も兼ね備えた。

ハンドウォーマーを兼ね備えた大きな胸ポケットには、圧縮加工された高密度メルトンを採用。

シンプルながらも、後裾のリブ、小さなスラッシュポケットなどのディティールによって、

オリジナル性の高い一着となった。

革ジャンやGジャンの上に羽織って欲しいアイテム。

GR-P-38 CARGO SLACKS <MOLESKIN>

Posted by – 2013年9月26日

+++++++ 9/27 〜 <発売予定> +++++++

GR-P-38 CARGO SLACKS <MOLESKIN>
P1000738
P1000741
P1010328
P1010330
P1010329
P1000773
P1000776

スラックスのカッティングで構成。 

クリースラインを入れず、さらに洗いをかけることで、カジュアルダウンさせている。

大きく作られた脇ポケットは、実用的な物入れであって欲しいという思いから。 

粗雑に扱って欲しい。

メインシェルとなるモールスキンは、

壁撚り糸という特殊な糸を使い、

普通のモールスキンには無い立体的な表面感となった。

これにともない、すぐれた遮風性と防寒性も兼ね備えた。

GR-P-42 CARGO SLACKS <PIQUE>

Posted by – 2013年9月26日

+++++++ 9/27 〜 <発売予定> +++++++

GR-P-42 CARGO SLACKS <PIQUE>
P1000744
P1000748
P1010325
P1010327
P1010326
P1000781
P1000780

スラックスのカッティングで構成。 

クリースラインを入れず、さらに洗いをかけることで、カジュアルダウンさせている。

大きく作られた脇ポケットは、実用的な物入れであって欲しいという思いから。 

粗雑に扱って欲しい。

存在感ある表地は、経糸にコーマ糸を使用し毛羽を抑えながらも、

緯糸に双糸を使うことで膨らみはある柔らかいピケ。

GR-S-50 WHITE DENIM FOOD SHIRTS

Posted by – 2013年9月24日

+++++++ 9/25 〜 <発売予定> +++++++

GR-S-50 WHITE DENIM FOOD SHIRTS
P1000667
P1000670
P1010193
P1010196
P1010194
P1010197
P1000892
P1000893
ユニークなパーツデザインで組み立てられたフードシャツ。

繊細なミシン技術が必要な1mm巾ステッチが、絵を描いているような線を表現。

カフス裏に打ち込まれた荒々しいステッチは、補強とデザインを兼ねたもの。

表情豊かな生成デニムは、上質なジンバブエコットンよるセルヴィッチデニム。

緯糸を染めているので通常の生成デニムよりも深みのある色合い。

穏やかな白さの中に、洗いによるステッチの陰影が表情に深みを与えている。

らしさ

Posted by – 2013年9月23日

型紙を手引きしていた頃、

2mm、3mmと、型紙の寸法がずれることはよくあった。

それでも服はしっかりと上がっていた。

CADの機能に頼りすぎて、線の勢いを消さないようにしよう。

最近そんなことを職人仲間と話し合った。

1mmの10分の1まで分かってしまうCADを使っていると、

妙に寸法を合わせる為に線をいじってしまう。

そういう余計なことに時間を割くよりも、

ゲルガらしい線が引けているのか、そこを考えるほうが大事だろうと。

メンズは細部に目がいきがちになるけど、

基本、上物は肩で着て、背中を包んで纏い、

下物は履いて腰を締める。

それらの構造線は限られている。

寸法、細部も大事だけど、少ない線の中で 「らしさ」 をだす。

前はそういうことを教えてくれた人がいたし、

そういうことに挑戦している人たちも、今よりは多かった。

Savile Rowにある、Hardy Amies で下働きをしていた頃、

注文服の仕立ての手伝いをしたり、お直しをよくやっていた。

既製服と注文服は、型紙からして違う。

注文服は布の上に原型を置いて、布に直接製図をする。

お直しでは神経質な線などはなく、形の崩れた服を解体して、

布がいきたい方向を邪魔しないように、頭に型紙を描きながら修理していた。

ゲルガばかり見ていると型にはまり過ぎてくる。

既製服とは感覚的に違う作業だけれど、違う方向から見ることが必要だと感じ、

少ない写真を引っ張りだし、当時何を考えていたか、たどってみた。

こんな心境で今期に突入。

GERUGA、只今、服作ってます。

kentaro

FROM OUR HANDS - 群馬 -

Posted by – 2013年9月21日

http://fromourhands.info/
IMG_1555
IMG_1508
IMG_1504
IMG_1500
IMG_1513
IMG_1526
IMG_1523
IMG_1495
IMG_1529
IMG_1531
IMG_1541
IMG_1516
齊藤 豊

秋ですな

Posted by – 2013年9月19日

群馬県前橋市にお店を構える、

From Our Handsさんへ、バイクで行ってきました。

From Our Hands

kentaro

From Our Hands

Posted by – 2013年9月19日


日の出

Posted by – 2013年9月15日

kentaro

気迫

Posted by – 2013年9月13日

kentaro